Resized avatar mini magick20170922 2881 1cnoj3i

石埜 太一 弁護士

いしの たいち

南森町総合法律事務所 〒530-0054 大阪府大阪市北区南森町1-3-27 南森町丸井ビル8階
注力分野
相続 労働 借金・債務整理
取扱分野
交通事故 企業法務 離婚・男女 不動産・建築 裁判・法的手続

事例1:年金受給口座を金融機関に差し押さえられたが、差押えを解除させるとともに、破産することによって解決した事例 借金・債務整理

依頼内容

息子の事業のため連帯保証していたが、息子の事業が破綻し、自分に多額の請求がされた。その後、債権者から年金受給口座を差し押さえられてしまい、生活が立ちゆかなくなった。

解決方法・結果

裁判所に申し立てて年金受給口座の差押えを解除するとともに、直ちに自己破産手続きをとり、負債を整理した。

≪弁護士からのコメント≫
差押えの解除のために、迅速に書面を作成するとともに、裁判所との協議を重ねた事案でした。自己破産手続も迅速に行い、いち早く穏やかな日常生活を送ることができるよう心がけました。

事例2:事業をたたむ際、極力、事業を継続できないか検討するとともに、利害関係者への影響を最小限にするよう努めた事例 借金・債務整理

依頼内容

資金繰りが苦しく、誰も会社を継ぐ人がいないため、会社を破産させたい。

解決方法・結果

破産せずにすむよう、事業を承継するスポンサー会社がないか会計士の協力を得て探しましたが、残念ながら見当たりませんでした。自己破産手続費用が不足していましたが、売掛金の回収や在庫を売却することで捻出し、従業員に未払賃金を支払い、協力して頂くことで、無事、自己破産申立てに至りました。

≪弁護士からのコメント≫
会社の自己破産は、債権者や取引先、従業員の方等利害関係者への影響が大きいですが、迅速かつ丁寧な対応をすることで、できる限り問題が大きくならないよう、心がけています。

事例3:不当な解雇を受けた上、残業代も未払いであったが、労働審判で速やかな賠償を得られた事例 労働

依頼内容

経営者と経営を巡って口論となり、解雇通知を受けた。残業代も支払ってもらっていないので請求したい。なお、就業規則は見たことがなくタイムカードもない。

解決方法・結果

弁護士から速やかに使用者宛に内容証明郵便を送付し、解雇理由証明書の提出を請求しました。その結果、解雇は不当であると判断し、依頼者の個人的な業務ノートなどから労働時間を推計して、解雇無効及び残業代支払いを求めて労働審判を申し立てたところ、使用者から解決金の提示があった。納得できる金額であったため、これを受領して退職し、別会社に再就職した。

≪弁護士からのコメント≫
本件は、解雇が無効だとしても、元の会社に戻るのは現実的ではありませんでした。残業代請求では、タイムカードがなくとも、手元にある業務日誌や手帳などから労働時間を推計することができます。労働審判では申立てから数ヶ月で解決に至ることがほとんどですので、迅速な解決が可能となっています。

事例4:粘り強く対応して慰謝料や養育費において納得できる解決に至った事例 離婚・男女

依頼内容

夫が突然家を出てしまった。戻ってくるよう連絡していたところ、離婚を求める旨の通知が弁護士から届いた。離婚に反対したところ、調停を起こされたが、話し合う気力もなく調停不成立に終わった。

解決方法・結果

他府県の裁判所で離婚訴訟を起こされたが、弁護士が出廷して離婚を拒み続けた。判決で離婚が認められてしまったため、高等裁判所へ控訴して、なお争い続けた。別居期間が長期化したこともあり、裁判官から結論が変わる見込みが少ないことをほのめかされたため、和解に切り替え、慰謝料と親権、養育費の条件交渉を行い、納得できる解決に至った。

≪弁護士からのコメント≫
力及ばず離婚を避けることはできませんでしたが、再スタートのための交渉に切り替え、ご納得いただける条件を獲得しました。