法律コラム

プライバシー

Section banner internet

ネットトラブル

「忘れられる権利」とは? プライバシー 2016年12月27日

近年、インターネット上に残る個人情報について問題となってきています。SNS上につい書き込んでしまった内容が不適切であるとして注目を集めてしまったところ、書き込んだ人の情報が興味本位で集められて、個人を特定するような情報がインターネット上に掲載されてしまい、その後の生活に支障を来していたり、就職活動・転職活動の妨げになっているといった話も見かけます。 以...

「忘れられる権利」とは?
プライバシー権って憲法では認められている? プライバシー 2015年07月13日

Q 「プライバシーの尊重」などの言葉に表れているように、プライバシー権という権利があるということが一般的になりつつあります。 さて、では憲法上で、国民が明確にプライバシー権を有するものと規定されているでしょうか? 明確には規定されていない 規定がある A 正解(1)明確には規定されていない 残念ながら、憲法には明確にプライバシー権を保障することが規定さ...

プライバシー権って憲法では認められている?
防犯カメラとプライバシー プライバシー 2014年04月24日

東京都は今年度、都内の全ての公立小学校約1300校の通学路に、防犯カメラを設置する事業を始めました。2018年度までに6500台の設置を完了させる予定とのことで、総費用は5年分で計24億7000万円になる見通しです。そして今年度の補正予算として、都は260校分に相当する2億4700万円を計上しました(一校あたりカメラ5台)。費用は都と区市町村で折半する...

防犯カメラとプライバシー
ラブレターを公開するとどうなる? プライバシー 2016年01月26日

ツイッターやフェイスブックでの若者の「暴走」事件が後を絶ちませんが、現在話題となっているのは、ツイッターによるラブレターの公開。女子高生が自動車学校に通っていた時に受け取ったラブレターの写真を送信者の個人名やメールアドレスなどを伏せずにツイッターに投稿。投稿した女子高生の身元が他の投稿内容などから特定される騒ぎとなっています。 自分が書いたラブレターが...

ラブレターを公開するとどうなる?
個人情報保護法が適用されない場合とは? プライバシー 2014年11月19日

Q 「個人情報保護法」は、個人情報を取扱う事業者に対して、個人情報の取扱方法を定めています。ただ、ある特定の団体が、特定の目的で個人情報を取り扱う場合は、例外として同法の規定が適用されません。以下のうち、この例外にあてはまるものはどれでしょうか? 報道機関が、報道のために個人情報を利用する場合 大学が、学術研究のために個人情報を利用する場合 政治団体が...

個人情報保護法が適用されない場合とは?
本人の同意がなくても同窓会名簿は作れる? プライバシー 2014年11月19日

Q 学校法人Xは、同窓会名簿を作成しようと考えました。 Xは過去の卒業生全員の同意を得なければ名簿を作成・配布することはできないのでしょうか? 作成・配布することができる 作成・配布することはできない A 正解(1)作成・配布することができる 個人情報の第三者提供を行う際には、本人の同意を得なければなりません(個人情報保護法23条)。 ただし、名簿や電...

本人の同意がなくても同窓会名簿は作れる?
メール・着歴の閲覧 プライバシー 2014年09月17日

通話や着信履歴、メールのやり取り、サイト履歴やアプリにあらわれる趣味・嗜好など、携帯電話にはその持ち主のプライバシーが詰まっています。それだけに、相手の行動等を把握しようと携帯の内容を盗み見る人がいますが、見られる側はあまり気持ちの良いものではありません。 こうした問題でまず気になるのは、「法的には見ていいの?」ということ。 犯罪かどうかという点からい...

メール・着歴の閲覧
他人の携帯電話の閲覧 ~携帯電話会社は情報を提供してくれる? プライバシー 2014年01月07日

弁護士に電話で相談・問合せ(無料)も可能です 弁護士を探す(無料) 前回の説明で、他人の携帯電話をほんの短時間のあいだに閲覧するだけなら、基本的に罪にならないと話しました。 民事上考えられる対応も、携帯の閲覧だけならプライバシー侵害を理由に損害賠償を請求するくらいのものです(民法710条)。 この問題が家族間で起こっている場合は、特に悪質な場合(第三者...

他人の携帯電話の閲覧 ~携帯電話会社は情報を提供してくれる?