Resized avatar mini magick20180525 10201 opl09s

岡 直幸 弁護士

おか なおゆき

ゆくはし総合法律事務所 〒824-0005 福岡県行橋市中央3-4-36 翠生ビル4階
注力分野
交通事故 離婚・男女 借金・債務整理 相続 犯罪・刑事事件
取扱分野
労働 ネットトラブル 国際・外国人

事例1:交通事故の解決事例 交通事故

依頼内容

被害者の方は、事故により骨折したのですが、保険会社は事故とは無関係の骨折であるから1円も支払わないと主張。
他の弁護士に依頼していたが、途中で投げ出されてしまったために私のところにたどり着いたとのことです。

解決方法・結果

保険会社の顧問医の意見書をひっくり返すことや、必要な介護費用を出得するには大変な苦労が必要でした。
依頼者の方からは大変感謝されました。

事例2:窃盗癖(クレプトマニア)の方の再度の執行猶予 犯罪・刑事事件

依頼内容

執行猶予期間中にふたたび犯罪を犯してしまった場合(たとえば,万引き(窃盗)で執行猶予期間中に再び万引き(窃盗)をしてしまった場合),基本的には実刑となります。
そのため,ご本人にとって有利な資料を集めて,なんとか再度の執行猶予を求めて裁判所や検察官とやりとりを行うことになります。

解決方法・結果

これまでに,再度の執行猶予判決を取得したことがありますし,法律雑誌に論文を掲載したこともあります。

また,再度の執行猶予期間中に再び犯罪をしてしまった方がいましたが(3回目の犯罪),
この方は,起訴されてしまったら実刑確実でしたので,
起訴されないよう各種の調整をして不起訴処分としてもらい,
実刑にならずに済んだ事例もあります。

《弁護士からのコメント》
全ての事案で再度の執行猶予などの有利な判決が獲得できるわけではありません。
ただ,執行判決の取得が可能な場合に,十分な努力をしなかったために実刑になって刑務所に行ってしまうのは残念だと思います。
家族を何とか執行猶予判決にしてあげたい,刑務所に行かなくていいようにしてあげたい,という思いをもたれている方がおられましたら,お気軽にご相談ください。